銀杏BOYZメンバーが描く

早いもんで7月も後わずかですね。

今月も銀杏BOYZはレコーディングの日々でした。
順調に録音は進んでおります。


さて、このスタッフブログですが、気が付くと私は村井さんネタばかり投稿していました。
なので、今日はいつもと違った感じで投稿してみたいと思います。


ちなみに先日、メンバー4人と食事をしていたときに私は村井さんに延々と質問をしていて、
峯田さんから「軽部君はそんなに村井君に興味があるの?」と突っ込まれてしまいました。


今まで意識したことがなかったのですが、
私は村井さんのことが大好きなのかもしれない・・・。

結局村井さんのことを書かないつもりだったのに、また村井さんネタになっているので、
もう村井さんことは一旦頭から切り離します。
すでにたったこれだけの文章の中で「村井」って7回も入力しているし。


投稿の本題ですが、レコーディングの合間にメンバーの皆さんが描いたイラストが素敵だったので、ここに掲載したいと思います。


mine_i.jpg
[携帯]
イラスト:峯田和伸

数分の時間でここまで素敵なイラストを書いてしまう峯田さん。
稚拙な感想は言いたくないので、私個人の感想は胸にしまっておきます。


murai_i.jpg
[携帯]
イラスト:村井守

チン中村さんの特徴をばっちりと掴んでいますね。
WEBサイト「ロックンロールニュース 」で連載中の村井守コラム「ゴボウくんのたしかにニガイブラックコーヒー伝記」で村井さんのイラストが見れます。

http://www.lilyfranky.com/reg20/


abiko_i.jpg
[携帯]
イラスト:安孫子真哉

今まで安孫子さんのイラストを見たことがなかったので、これはかなりレアな一品です。
峯田さんから「雰囲気があるね」と感想を言われていました。
今後イラストレーターとして安孫子真哉の活動はあるのか、ないのか?
安孫子真哉さんのオリジナルイラストで銀杏Tシャツを作って欲しいという方は
どしどしwebmaster@hatsukoi.bizまでメールをください。




チンさんのイラストはフリーペーパー「月刊風とロック」の「チン画廊」から閲覧ください。
チンさん、こんなオチですいません。

軽部

銀杏BOYZ 渋谷ラママワンマンライブ「銀杏BOYZは神様を恨む」 セットリスト

本日、カメラマンの村井香さんがラママで行われた銀杏BOYZの写真素材を持ってきてくれました。
せっかくなんで村井香さんの後姿を激写。

080710_1659~01

村井香さんが着ているのは「77BOADRUM」のTシャツ。
一人寂しくシアターN渋谷で上映されている「77BOADRUM」を観にいってきたとのことです。
ボアダムスのコンセプトを基に77台のドラムで一斉に演奏された驚愕ライブパフォーマンス映像なんですが、村井守さんにも参加して欲しかったです。



7/6のセットリストと写真を更新します。


結果的に再々公演になってしまったこのイベント。
たくさんの方にご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ございません。
この日会場にお越しいただいたお客さん、渋谷ラママスタッフの皆様。
メンバー、スタッフ一同心から感謝しております。

7/6(日)@渋谷ラママ(童貞たちのクリスマスイブ振替公演)
銀杏BOYZ 渋谷ラママワンマンライブ「銀杏BOYZは神様を恨む」

01.日本人
02.SKOOL KILL
03.あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す
04.童貞フォーク少年、高円寺にて爆死寸前
05.トラッシュ
06.なんて悪意に満ちた平和なんだろう
07.もしも君が泣くならば
08.駆け抜けて性春
09.BABY BABY
10.漂流教室
11.YOU & I VS THE WORLD
12.若者たち
13.青春時代
14.東京

EC
01.銀河鉄道の夜 第二章 ~ジョバンニに伝えよ、ここにいるよと~
02.あいどんわなだい
03.夢で逢えたら
04.僕たちは世界を変えることができない

この日のセットリスト、今までにない感じですよね。
既にリストを見ただけでピンときた方もいるかと思いますが、アルバム「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」を曲順通りに全曲演奏しています。

080706_01.jpg
[携帯]

080706_02.jpg
[携帯]
ライブ直前、ラママの楽屋からエレベーターで降りて会場にむかうところ。
皆さん、かなり素敵な表情をしています。

080706_03.jpg
[携帯]
会場内はケーキの匂いがこれでもかと充満していました。

080706_04.jpg
[携帯]
ライブの本編が終了し、休憩のため一旦外に出てもらいました。

080706_05.jpg
[携帯]

軽部

| TOP |