木漏れ日の木下で

2010.11.27(土) 渋谷ラママ
オナニーマシーン企画『SPティッシュタイム52~ワンマンコ監禁ローション地獄GIG~(イノマー44歳のお誕生日! 故ブルース・リー&故ジミ・ヘンドリックスも一緒にハピバスデ)』

皆さんお元気ですか?

気が付いたら今年も残り僅か、独り身の私には街のイルミネーションが眩し過ぎるシーズンになりました。
一人侘びしくもせめてクリスマスの雰囲気に浸ってみたいので、同居中のカメに着せるためのサンタ衣装を夜な夜な手編みするべきか、真剣に悩んでいる銀杏BOYZマネージャー江口です。

そんなカメの話題はよしとして、11.27(土)渋谷ラママにてオナニーマシーン企画「SP ティッシュタイム52」に峯田和伸が出演致しました。「イノマー&ミネタ presents童貞たちクリスマスイブ2008」以来、約2年振りとなる性地(聖地)ラママでのライブとなりました。


以下、峯田和伸セットリストになります。

1.17才
2.べろちゅー
3.人間
4.若者たち
5.ピンクローター
6.I don’t wanna die

ライブ当日の早朝「お腹がすいた~」とカメに起こされる。
気のふれた奴だと思われるかもしれませんが、私の特技はカメと会話できることです。
(その件については追って書きたいと思います。)
普段はまだ寝てる時間なのにと思いながら台所で朝御飯の準備。
美味しそうにムシャムシャ小松菜を食べる姿に元気をもらい、身支度を済ませて、いざ渋谷ラママに向けて出発!!
渋谷ラママ。一言では語りつくせない思い出の場所。
峯田を乗せ、車のハンドルを握りながら5年前の記憶に思いを馳せる。
ライブハウスに到着し本日の主役イノマーさんに「宜しく!!」と挨拶され泣きそうになる。

リハーサルを終え、楽屋では昔と変わらずくだらないトークに花を咲かせつつ本番と思いきや、オノチンさんが会場入りしたのが開演から40分後!!
いろんな意味でロックしてます。はい。
オナニーマーシン1部のライブがあっという間に終了。
足早にセッティングを終え、峯田が登場するや否や、さっきまで多幸感溢れた会場の雰囲気がなんともいえない緊張感のある空気に。
静寂の中「だーれもいないうみーー」1曲目「17才」からスタート。
胸に突き刺さる峯田の歌声と、アコギの音色。
2曲目「べろちゅー」では優しい峯田の歌声に包みこまれ会場は酔いしれている用に思えた。

IMG_0938.jpg


3曲目「人間」は、もはや峯田に何かが憑依したとしか表現できない。
4曲目「若者たち」。まさか弾き語りでこの曲を聴けるとは思わなかった。
5曲目「ピンクローター」楽曲終盤での峯田の裏声があたかも女性が歌っているように声が響き、ただただ素晴らしかった。

最後を飾った曲は現在制作中のアルバムから、「I don’t wanna die(DEMO ver)」。
会場の熱気は最高点に到達!!! 会場のお客さんと一体になり踊りまくる峯田。
お客さんの笑顔を見るだけで目頭が・・・。

IMG_1112.jpg

IMG_1197.jpg


本当に、喜怒哀楽が凝縮された素晴らしいライブでした。
峯田和伸、弾き語りライブ終了後にオナニーマシーン2部がスタート。期待通りの展開に!
アンコール最後には恒例の「玉しゃぶれ」(原曲はビートルズもカバーしていることで有名な「Twist and Shout」)に峯田も参加、鳥の足やローションが飛び交いラママは夢の世界に・・・。

IMG_1314.jpg

いやー、濃厚な一日でした。
寒い中、観に来ていただいたお客様、遅くまで会場の清掃にあったて下さいましたスタッフの皆様には本当に感謝致します。

そして何より、イノマーさん44歳の誕生日おめでとうございます!!
これからも末永くよろしくお願い致します。

朝方、打ち上げが終わり、山手通りから中野方面へと車を走らせる。



とても心地のよい朝日が差していた。また、一日が始まる。



家に帰宅するとお腹が減っていたらしくカメの機嫌が悪かった。







私の特技はカメと会話できることです。

| TOP |