「DRF3 AFTER PARTY」セットリスト

2008年2月11日 川崎クラブチッタ
銀杏BOYZ セットリスト

01.東京
02.十七歳
03.犬人間
04.NO FUTURE NO CRY
05.SEXTEEN
06.援助交際
07.あいどんわなだい
08.BABY BABY
09.光
10.僕たちは世界を変えることができない

2F席



村井


4曲目「NO FUTURE NO CRY」の演奏中盤、安孫子さんが前のめりの姿勢になりながら、
下を向いて佇んでいる。気付くと口から胃液らしき液体をダラダラと垂らしていたので、
これは一大事なのではないかと観ていて不安になっていたその時、峯田さんの投げたマイクスタンドが偶然にも安孫子さんの体に直撃。マイクスタンドがぶつかったのにもかかわらず、安孫子さんは全く動じない。

安孫子嘔吐


そんなこちらの心配をよそに、その後あちらこちらと飛び跳ねて演奏していたので、
その姿をみて安心しました。


ライブ終了後、安孫子さんに「胃液出てなかった?」と聞いたところ、
「ゲロ吐きたかったんだけど、出なかったんすよー。」と清々しい表情で答えてくれました。
「マイクスタンドがぶつかって痛くなかった?」って聞くと、「ぶつかってたんすか?」との返答。
ぶつかったことすら気付かないまま、ゲロを吐くことに集中していた安孫子さん。
この恐ろしいくらいの集中力もまた、銀杏BOYZのライブの凄さに繋がるのだなと、一人で勝手に頷いています。


なにはともあれ、安孫子さんの様態が無事でよかったです。(軽部)


楽屋

| TOP |