渋谷ラママワンマンライブ「銀杏BOYZの♥曼曼陀羅陀羅」 セットリスト

こんにちわ。

銀杏BOYZスタッフの石川です。

さっそくですが、9月21日に渋谷ラママで行われた、「銀杏BOYZの♥曼曼陀羅陀羅」のセットリストです。

01.十七歳(・・・cutie girls don’t love me and punk.)
02.犬人間
03.日本発狂
04.援助交際
05.メス豚
06.あの娘は綾波レイが好き
07.SEXTEEN
08.リビドー
09.夢で逢えたら
10.銀河鉄道の夜 第二章 ~ジョバンニに伝えよ、ここにいるよと~
11.惑星基地ベオウルフ
12.夜王子と月の姫
13.NO FUTURE NO CRY
14.人間
15.なんとなく僕たちは大人になるんだ
EC
01.ベロチュー
02.ボーイズ・オン・ザ・ラン
03.あいどんわなだい
04.BABY BABY
05.僕たちは世界を変えることができない

この日は、前回の渋谷ラママでアルバム、「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」の曲順通りに演奏した事もあって、今回はアルバム、「DOOR」の曲順通りに演奏。

客電が落ち、峯田さん以外のメンバー3人がステージに登場。それぞれ狂ったように楽器をかき鳴らしていると、ステージにいないはずの峯田さんの声が会場に響き渡る。

「ヘイ、渋谷!!ヘイ、渋谷!!」

「オーイエー!!オーイエー!!」

ざわついているフロアを見ると、なんとお客さんにもみくちゃにされながら峯田さんが登場。そのまま1曲目の、「十七歳(・・・cutie girls don’t love me and punk.)」に突入し、ライヴスタート。お客さんにもみくちゃにされながら歌う光景は凄い絵図でした。

個人的には、夏の終わりにライヴハウスで汗だくになって聴く、「惑星基地ベオウルフ」が印象に残りました。アウトロで峯田さんが、「9月だけど、まだ9月だけど、早めに言っとくけど、みなさん、渋谷ラママの皆様、メリークリスマス!!」と言った時、ほんとにクリスマスがきた気分になりました。

またアンコールでは、大分アレンジが変わった新曲、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を演奏。”男は走るだけ”と歌詞にあるように、誰もが1度は思う、”何かやらかしてみたい”時に勇気をくれる1曲だと思います。この曲は、現在レコーディング中のアルバムにも収録予定ですので、みなさん、楽しみに待っていてください。

ライヴ終了後、たくさんのお客さんが、この日のために村井さんが一生懸命作った旗を記念撮影していて、とても微笑ましかったです。

ライヴに来てくれたみなさん、渋谷ラママのスタッフのみなさん、ありがとうございました。

ライヴから2日経ちましたが、銀杏BOYZは一息する間もなくレコーディングに入りました。これまでにレコーディングした曲はどれも素晴らしい内容になっています。早くみなさんに届けられるように、メンバー、スタッフ一同、頑張ります。

でわー。

石川

| TOP |